Menu

振袖とは

一般的な着物と振袖の違いとしてまず挙げられるのが、裾の長さの違いです。着物には訪問着・留め袖など様々な種類がありますが、振袖は他の着物に比べて裾が長いです。裾の長さは小振袖で二尺(約60cm)、中振袖で二尺五寸(約95cm)程あります。さらに振袖の中で最も格式高い本振袖の場合、裾の長さは三尺三寸(約124cm)にもなります。なお本振袖は第一礼装に位置付けられ、結婚式や披露宴の際に花嫁が着用します。

振袖とは裾の長い着物を指します。そしてこの着物は、未婚女性のみ着用が許されています。既に結婚している女性の場合、振袖を着ることは許されないのです。なお、振袖の中で最も格式高い本振袖は、結婚式の花嫁衣装として用いられます。花嫁は式を終えると振袖を着ることは許されなくなってしまうからです。また本振袖は成人式の時も用いられます。つまり独身で迎える人生の晴れ舞台の時に、本振袖は着用するのです。

なお振袖の格式は袖の長さによって決まります。最も格式高い本振袖も、袖の長さや柄によってさらに格式が分かれます。中振袖は略礼装着に分類され、結婚式に客人として出席する場合に用いられます。最も振袖の中では格式の低い小振袖は動きやすいため、袴と併せたり、パーティーなどで気軽に着用することができます。

振袖は結婚式や成人式、パーティーなど華やかな場面で着ることが多いです。そのため柄も華やかなものが多いのも特徴として挙げられます。訪問着の場合ですと無地も多いですが、振袖の場合は何かしら縁起のいい柄が描かれていることが多いです。

ただし、最近では晩婚化も進み、未婚の女性でもある程度年齢を重ねると色留袖を着用する方が増えています。色留袖とは袖の長さが振袖ほど長くなく、様々な色に染められた着物です。黒留袖の場合は格式が高く、新郎新婦の近親者しか着用できませんが、色留袖は近親者以外の人も着用することができます。色留袖は本来既婚女性が着る着物です。しかし晩婚化が進行し、振袖を着る年齢ではないと感じられた場合は、色振袖を着用する場合が多いです。一般的に振袖は20代が着るものとされているからです。そのため現在では年齢に応じて着物の種類を変えることがおおくなっています。

なお着物は紋付になると格式が上がります。色留袖は一般的に略礼装着に分類されますが、五つ紋付になると第一礼装に変化します。本振袖の五つ紋付となると格式はとても高くなり、未婚女性が着る着物で最も格式高いもののひとつになります。紋付の数にも注意するようにしましょう。

 

振袖レンタルならまるやま・京彩