Menu

成人式の成り立ち

成人式とは満20歳を迎える新成人を祝う式典のことですが、成人を祝う儀礼自体は古くから存在し、男子は元服、女子は裳着と呼ばれていました。しかし、元服や裳着は上流階級の家柄でしか行われず、庶民には成人を祝う正式な儀礼はありませんでした。現在のような成人式が全国的に行われるようになったのは終戦後とその歴史は意外にも浅く、日本で初めて成人式が行われたのは第二次世界直後の1946年頃のことです。敗戦後の苦しい状況の中、これからの日本の未来を担う若者を激励しようと埼玉県蕨市で企画された青年祭の中で行われた成年式がその始まりと言われています。この成年式が好評で全国的に広まり、現在のような羽織袴やスーツ、振袖を着て各地で開催される式典に参列する現在のスタイルを確立していきました。成人式とは単に新成人となったことを祝うのではなく、「これから社会に出て自立していく青年を祝福し、激励する」ことを目的としたイベントだったのです。祝日の一つである成人の日が出来たのも成年式がきっかけとなっています。成年式の影響を受けた日本政府が1948年に施行された祝日法で「大人になったことを自覚し、自ら生き抜こうとする青年を励ます」という趣旨の下に、翌年の1949年に1月15日が成人の日として制定されたことから、成人式は毎年1月15日に行われ、1998年に祝日法改正に伴い2000年以降から1月の第2月曜日が成人の日となりました。