Menu

「花柄のファッションが好き」という人の心理

ファッションスタイルでも、私は花柄が好きという人たちも多くいらっしゃることでしょう。

花柄の好きな人たちって、結構目立とうという意識をもって、モテたい気持ちが強くあるようですよ。

モテたい気持ち

花柄を好む人たちは、モテたい気持ちを持っている人たちです。ただし、モテたい気持ちにもいろいろ違いがありますよね。

焦っているという人たちもいるでしょうし、寂しがりやという人もいるでしょう。

来るものは拒まない、去っていくものは追わないというモチベーションの方々もいます。

誰でもモテたい気持ちはそもそもあるものではないでしょうか。モテることによって、より若々しく生きる気持ちが生まれたりして、人生をまさにバラ色にする方法だったりします。

モテたい気持ち=花柄と言ってもいいのでしょうか。

とすれば、普段あまり、花柄を持たないという人たちは、花柄のパーツなど身の回りのものに取り入れると変わることが出来るかもしれません。

そもそもお花には、人間にとって、そのような大きな意味が存在しているのではないでしょうか。

逆に聞きたいですね。「あなたはなんでそこに花柄のモノが一杯あるというのに、敢えて花柄を避けた人生を送っていらっしゃるのでしょうか」

花柄に対しての拘りが強い=保守?

ただし、先ほどでも、全部がいいことを語っている訳ではありません。モテたい気持ちを焦っている人たちもいるでしょうし、花柄にとっぷりとはまり、自己満足に浸っている方々もいるでしょう。

花柄を好むから私は=モテるという公式が出来上がり、既に何も挑戦しないで、保守的になってしまっている方々もいるかもしれません。

自己主張をして攻撃的になる、保守に浸ってしまう、別の形態に見えても紙一重の問題だったりするのかもしれないですよね。

お花でハッピーになりたい

いろいろ花柄を好むタイプの分析をすることは出来ます。花柄を持たない人たちにもそれぞれ主張はあるのかもしれませんが、それでも花柄って、人間たちをハッピーにしてくれる手段ではないでしょうか。

実際の生花は枯れてしまうことになります。しかし、花柄なら、ずっとあなたに取り巻いてくれ、あなたに安心感をもたらしてくれるものです。

人間は、そもそもお花によってハッピーになることが出来るたやすい存在なのです。

私達は、理性的社会に属するよりも、自然のほうが全然距離が近い存在なのかもしれません。